『深蒸し茶』発祥の地 菊川

菊川市六郷の気候風土に恵まれた穏やかな環境でお茶を生産しています。

  • 2020年09月03日 【ダブルレインボー】

     今朝の茶園上空です。台風9号の影響で、昨夜から今朝にかけて、16mmの降水がありました。8月のこの地区の降水量は雨乞い灌水の効果もなく、50mm程度でしたので、大変ありがたい雨です。 今朝は上の写真の様に虹が2つ見えました。ダブルレインボーと呼ばれているらしく、目撃できると良いことがあると書かれていました。更に良く見ると虹の色の並びが逆になっていることも初めて知りました。 台風9号そして10号と非常に強

  • 2020年08月14日 【雨乞い灌水❗️ 】

    これは、2年前に改植した畑に灌水しているところです。前回の記事では、毎日のように降り続く梅雨の豪雨を取り上げて、農家を悩ませる気候の異常さを語りました。8月初めにその梅雨がやっとあけました。その後今日(8月14日)まで約2週間、一度小雨がパラついただけで、全く雨が無くなりました。しかも、猛暑…気が滅入ります。猛暑による熱中症の危険もありますが、私たち人間は水筒に入れた冷たい深蒸し茶をこまめに飲めば対処で

  • 2020年07月07日 【梅雨☔️ 】

      上の画像は、明日の午前中の日本気象協会提供の雨予想図です。大洪水に見舞われた九州地方の皆様には、未だ過去の出来事にはできない予報ですので、明日以降、今以上の被害が発生しないことを祈るばかりです。 当茶農協のある静岡県などの東海地方も、明日再び豪雨となりそうです。二番茶終了後の6月末から、ほとんど日差しがなく、連日の雨天続きで、一旦降り出すと豪雨となる日が大変多く、農作業が遅々として進みません。

  • 2020年06月26日 【二番茶終了です 】

    今日の茶工場清掃で、今年の二番茶も無事終了しました。二番茶の荒茶は、ほとんどがペットボトル飲料のお茶の原材料となりますから、各種大規模イベントやプロスポーツなどの消費機会が失われたことで、最後まで操業できるか不安でした。更に、操業開始直後に梅雨入りとなり、梅雨の中休みを選ぶようにして、何とか一昨日に全ての茶園を摘採することができました。上の写真のように、今日も午前中一杯、霧雨にけむる梅雨らしい天候

  • 2020年06月07日 【明日から二番茶 】

    一番茶終了から今日まで、私にとっては、例年になく多忙な日々を過ごしました。毎日のように茶園管理作業に追われ、その合間に水田の管理作業をこなし、当茶農協の茶園は上の写真のように摘採を待つばかりになっていました。今年は一番茶終了後、雨天の日が少なく感じていますが、最も苦労したのが雑草の草刈りです。例年に比べて、成長が早く、茶園の肥料成分の効果か非常に大きく長い草に悩まされました。やはり、大気中の二酸化


  • product name

    100g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    500円(税込)

     

  • product name

    200g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    1,000円(税込)

     

  • product name

    500g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    2,500円(税込)

     

  • product name

    ティーバッグ茶
    650円(税込)

    (5gティーバッグ20袋入り)

  • product name

    上煎茶(100g袋詰)
    1,000円(税込)

  • 活動風景のスライドショーです。