『深蒸し茶』発祥の地 菊川

菊川市六郷の気候風土に恵まれた穏やかな環境でお茶を生産しています。

  • 2020年11月01日 【猪🐗捕獲 】

     上の写真は2週間ほど前の我家の茶園です。茶の木の畝の間が猪に深く掘り返されています。(ちょっと分かり難いですね。) この畑は、ほとんど全ての畝間が荒らされ、均すのにほぼ1日かかりました。そこで、以前の記事でも紹介した県内でも有名な猟師の方の弟子で、凄腕の罠猟師の方にお願いしました。直ぐに現地視察に来てくださって、入念に猪の通る獣道を調べて、罠を仕掛けてくださいました。何と、罠を仕掛けた翌日の朝、そ

  • 2020年09月27日 【彼岸花】

     今年も彼岸花(曼珠沙華)がそこかしこで咲き乱れています。しかし、皆さんもご承知の通り、今年の秋の彼岸の入りは9月19日、中日が22日、彼岸の明けが9月25日、今日は9月28日、あまりにも遅い彼岸花の開花です。 上の写真の右下の彼岸花には蕾も多く見られます。2014年9月15日に、初めて彼岸花の記事を掲載しましたが、その記事の写真も上の写真と同様に蕾の状態の彼岸花が写っています。暑い夏、残暑厳しい秋にも関

  • 2020年09月03日 【ダブルレインボー】

     今朝の茶園上空です。台風9号の影響で、昨夜から今朝にかけて、16mmの降水がありました。8月のこの地区の降水量は雨乞い灌水の効果もなく、50mm程度でしたので、大変ありがたい雨です。 今朝は上の写真の様に虹が2つ見えました。ダブルレインボーと呼ばれているらしく、目撃できると良いことがあると書かれていました。更に良く見ると虹の色の並びが逆になっていることも初めて知りました。 台風9号そして10号と非常に強

  • 2020年08月14日 【雨乞い灌水❗️ 】

    これは、2年前に改植した畑に灌水しているところです。前回の記事では、毎日のように降り続く梅雨の豪雨を取り上げて、農家を悩ませる気候の異常さを語りました。8月初めにその梅雨がやっとあけました。その後今日(8月14日)まで約2週間、一度小雨がパラついただけで、全く雨が無くなりました。しかも、猛暑…気が滅入ります。猛暑による熱中症の危険もありますが、私たち人間は水筒に入れた冷たい深蒸し茶をこまめに飲めば対処で

  • 2020年07月07日 【梅雨☔️ 】

      上の画像は、明日の午前中の日本気象協会提供の雨予想図です。大洪水に見舞われた九州地方の皆様には、未だ過去の出来事にはできない予報ですので、明日以降、今以上の被害が発生しないことを祈るばかりです。 当茶農協のある静岡県などの東海地方も、明日再び豪雨となりそうです。二番茶終了後の6月末から、ほとんど日差しがなく、連日の雨天続きで、一旦降り出すと豪雨となる日が大変多く、農作業が遅々として進みません。


  • product name

    100g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    500円(税込)

     

  • product name

    200g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    1,000円(税込)

     

  • product name

    500g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    2,500円(税込)

     

  • product name

    ティーバッグ茶
    650円(税込)

    (5gティーバッグ20袋入り)

  • product name

    上煎茶(100g袋詰)
    1,000円(税込)

  • 活動風景のスライドショーです。