『深蒸し茶』発祥の地 菊川

菊川市六郷の気候風土に恵まれた穏やかな環境でお茶を生産しています。

  • 2020年05月10日 【一番茶、無事終了❗️ 】

    昨日、無事に一番茶の摘採・製造を終えることができました。GAPの取組プラスで、組合員や茶工場の作業従事者に日々の健康管理と感染予防の為のルーティンを確実に実行して乗り切ることができました。エタノールやマスクの確保、三密の排除の徹底等、全員の協力で乗り越えられたと思います。また、先のブログで紹介したHGCGのさらなる抗ウィルス作用の論文記事も支えになり、全員が沢山のお茶を飲みながら頑張り切りました。現在も

  • 2020年04月28日 【これは…? 】

     茶園の茶の木の畝の間に何かいますね。あの厄介なイノシシ🐗ではありません。ぐるっと回って反対側で待っていると…現れて、しばらく見つめ合いましたが、軽い足取りで遠ざかっていきました。途中でこちらを振り返ったところがこれです。画像を拡大して見て下さい。そうです。カモシカです。数年前にも目撃しましたが、こんなに近くで遭遇したのは初めてでした。若かりし頃、白山麓で沢登りをした際に初めて間近でカモシカと出会い

  • 2020年04月19日 【一番茶 間近❗️ 】

    いよいよ今年も一番茶の摘採・製造が近づいてきました。今年は 4月23日から開始することに決定しました。相変わらず、世の中は新型コロナウィルスに翻弄されていますが、茶の木は全くどこ吹く風で、新芽を伸ばし続けています。この芽吹いた茶園を毎日見ると気分も明るくなります。

  • 2020年03月29日 【春 … 新型コロナウィルス 】

    今年も、当茶農協の茶園に春がやってきました。茶の新芽も元気に伸びてきました。1月から2月中旬頃までの平年を上回る天候により、芽の伸育が早まり、霜による被害を心配していました。その後3月中旬頃まで、比較的低温の日々が続き、ほぼ平年並みの摘採・製造となりそうです。私達、農家にとっては、季節の移り変わりが毎年同じように繰り返されるのが何よりです。ところが、今は 全世界が 新型コロナウィルスの流行という大き

  • 2020年01月26日 【深蒸し茶の里 菊川ファン駅伝 】

        今年で9回目となる恒例の菊川ファン駅伝が本日開催されました。出場チームは53チーム、232人の選手が練習の成果を試す大会となりました。この大会は、その名の通り、当地菊川が深蒸し茶発祥の地であることをアピールすることも大きな目的です。    今年は、あの箱根駅伝でタスキを繋いだ拓殖大学から、常葉菊川高校出身で箱根駅伝で現役時代大活躍された山下拓郎監督と吉原遼太郎選手、青柳拓郎選手が参


  • product name

    100g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    500円(税込)

     

  • product name

    200g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    1,000円(税込)

     

  • product name

    500g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    2,500円(税込)

     

  • product name

    ティーバッグ茶
    650円(税込)

    (5gティーバッグ20袋入り)

  • product name

    上煎茶(100g袋詰)
    1,000円(税込)

  • 活動風景のスライドショーです。