『深蒸し茶』発祥の地 菊川

菊川市六郷の気候風土に恵まれた穏やかな環境でお茶を生産しています。

  • 2021年06月19日 【二番茶終了!】

     今年の二番茶も、本日朝の商品出荷で無事終了しました。梅雨期の摘採・製造となったため、雨によりスムーズに摘採できるか不安でしたが、16日に1日休みを入れただけの連続操業となりました。今日は、梅雨らしい雨の一日でした。明日以降も雨予報の日が続きます。本格的な梅雨となるのかもしれませんから、ちょうど良い期間の二番茶だと言えそうです。上の写真は、我家の倉庫の横の小さな茶園です。右側に茶の木、その左奥に紫

  • 2021年06月03日 【いよいよ二番茶❗️ 】

    二番茶の芽が順調に伸びてきました。 今朝の我家の茶園です。二番茶の摘採を待つばかりです。6月6日から始まります。相変わらず、コロナと強弱の激しい天候と闘いながらの操業になりますが、2週間ほど気合を入れて頑張ります。当茶農協の自慢の深蒸し茶、昨年は在庫不足となりご迷惑をお掛けしましたが、今年は十分な数量を確保してあります。是非ご注文ください。お待ちしております。

  • 2021年05月02日 【一番茶、終わりました❗️】

    温暖な3月から、寒冷な4月となりましたが、凍霜害もなく最後まで全ての茶園を刈り終えることができました。それにしても、毎年のことですが落ち着きのない凹凸の激しい天候には、ほとほとまいります。昨日は、昼過ぎから、突然の雷鳴と豪雨に見舞われました。これまでの記事でも語りましたが、降れば豪雨です。特に昨日は、短時間の集中豪雨でした。当六郷茶農協の直ぐ近くの牧之原台地では、下の写真の様に竜巻?の被害がありま

  • 2021年04月15日 【一番茶スタート❗️】

    令和3年の一番茶が今日から始まりました。昨年より9日も早いスタートとなりました。皆さんに、今年も六郷茶農協らしい、美味しい深蒸し茶をご提供できますよう、こらから2週間ほどの摘採・製造に励みます。摘採を待つ茶園も、良く成育した新芽に覆われています。

  • 2021年03月28日 【春】

     3月27日の茶園周辺の『春』です。そして、その茶園も…今年も3月に入ると、気温が高く、降水量も多い為、順調に新茶となる芽が育っています。昨年は、4月に入ってからの低温と凍霜害の影響を受けましたので、今年はこのままの生育となることを願っています。今日は、一番茶を目指して、秋冬番茶以降3回目の茶工場清掃を行いました。今後更に清掃を重ね、一番茶の初日に備えます。先日、ある科学者の方が地球温暖化は間違い


  • product name

    100g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    500円(税込)

     

  • product name

    200g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    1,000円(税込)

     

  • product name

    500g袋詰(ちゃこちゃん袋)
    2,500円(税込)

     

  • product name

    ティーバッグ茶
    650円(税込)

    (5gティーバッグ20袋入り)

  • product name

    上煎茶(100g袋詰)
    1,000円(税込)

  • 活動風景のスライドショーです。